FC2ブログ

ミュンヘンのゲイサウナでの出会い

  • 2018/04/30(月) 19:09:37

ミュンヘンには3軒のゲイサウナがありますが、迷わず一番場末でフケ、デブの集まるHerrensauna am Hauptabahnhofに行って参りました。

入り口はこんな感じなんですが、雑居ビルの地下にあって、場所が非常にわかり難い所にありました。
↓↓↓
20180501030810156.jpg

オフィスビルの入り口でブザーを押すと、ドアーを開けてくれます。入り口の奥に地下に行く階段があって、その階段を降りた所にまたドアーがあるので、そのドアーのブザーを押して始めて中に入れます。このサウナはミュンヘンでは老舗らしくて、ゲイが未だ世間に認められていない時代からあるらしいので、この厳重さを保ってるんでしょうかね?なんか場末と言うより秘密基地に来たみたいな感じだった。

中に入ると、良く言えば非常にレトロな内装、実際古くて汚なーいみたいな感じなんですけど、店内やサウナ室はちゃんと掃除が行き届いてて古いなりに清潔でピカピカでした。
ヨーロッパのゲイサウナは、どこも清潔で良いですね。バーとかレストランまで併設されてるサウナもあって、どこも大変快適です。

さて、このサウナの客層はと言うと、年齢は50代以上、体型は痩せてるジイちゃんも居るけど、ほとんどが中年太り以上。デブ専じゃなくて普通の感覚から言うと全員デブと言ってもいいかも。
まさしく僕的には天国なんだけど、難点は人が少ないこと。平日の午後3時過ぎなので当然人は少ない時間帯なんだろうけど、それでも僕を含めて4人しか居ませんでした。

普通なら、あ〜残念。また今度!状態なんですが、今回はちょっと違ってて良いことあったんですよ〜。いひひ
サウナの受付をしていたオッサンが、これまたズングリむっくりで可愛かったの。身長は165cmくらいで、体重は110kgかな。スタッフなのになぜかパンツ1丁で受付に座ってて、毛深くて豊満な肉体をさらけ出してたんですよ。最初一目見た時から、こいつはイケる!って思ったけど、まあスタッフだから普通は手を出せないよな〜。なーんて思ってたわけです。
ところが、このオッサン、お金を払った後も館内を案内する感じでロッカールームまでついて来て、いろいろドイツ語で説明してくれるんだけど、シャワールームとサウナ、バーのエリアと薄暗いベッドが置いてある部屋しかない狭いサウナで館内説明はいらないでしょう。
その後も、サウナの中とか、薄暗いベッドがある部屋にもチョコチョコ見に来て怪しい素振り。これはもしかして僕の事イケるのかしら?と思って、オッサンがいる受付に行ってビールを注文してみた。
ビールを持って来たパンツ1丁のオッサンにいきなり抱きついて舌を絡めるキッスをしたら、オッサンも直ぐに受け入れて、僕のナニを触って来た。その場でしばらくお互いの硬くなったナニを触り合いながらキッスをしていると、オッサンの方から個室に行こうと誘って来たので、もちろんOK!一緒にシャワールームの横にある個室に入っりました〜。その後は、くんずほぐれず。お互いの体を充分に堪能しあっちゃいました〜!オッサン、年の功か年季が入ってるのか、キッスとしゃぶるのがメチャ上手くて、エライ気持ち良い思いをさせてもらっちゃいましたよ。

エッチした後も、バーエリアでお互い片言のドイツ語と英語でちょっと話をしましたけど、うっかり名前を聞くのを忘れちゃいました。

あ〜、ミュンヘンの可愛いオッサン…。また会いたいにゃ〜。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

スポンサーサイト
[PR]

ブダペストでエッチした人

  • 2018/04/30(月) 15:25:19

ちょっと前後しちゃいますが、ブダペストで知り合って、僕の部屋でエッチしたデブ男をご紹介しま~す。

いや〜、ヨーロッパに着いていきなりこの腹を見つけちゃいました。チョ〜ラッキー!あんまりラッキーなんで、今まで出し惜しみしてたのよ!
↓↓↓
2018050105240694a.png


彼もいい男でした。(しみじみ) 髪は薄くてバーコード状態で、フルフェイスのお髭。体重は190kg。身長は180cm。メガネ掛けてて、顔も可愛いんだよね〜。もちろん、ひと目見ただけで半勃起状態ですよ。
お尻の肉の間に完全に顔が埋もれちゃって、舐めながら息が出来なくてたーいへんでしたが、それがまた良いのですな〜。腹エプロンの裏側も汗ばんでて、美味しゅうございました。いひひ。彼の小さ目のあそこを吸ってる内にいきなりイッちゃったんで、最後の1滴までぜーんぶ飲み込んじゃいましたよ。

また彼に会いたいけど、当分はブダペストに戻る事はないだろうなあ...。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

ミュンヘンはいい男だらけ

  • 2018/04/30(月) 14:58:28

デブ男を求めてドイツに来ました〜。
ビールで有名なミュンヘンに居ます。ビールで有名なだけに、ビール腹のデブ男が居るわいるわ!

ちょっと街をうろついただけで、こんなにデブ男の盗撮が出来ました〜。
↓↓↓
20180430225748143.jpg


まあ、もともと白人で赤毛もしくはハゲの男が好きなんですけど、ドイツには信じられないくらい、いい男が居ますよ〜。もう、いつも頭の中で想像してて、悶々としてしまうような、想像上のいい顔、いい腹のデブ男がその辺を普通に歩いてますからビックリですよ。チャビーチェイサーの悪い性(さが)で、目は泳いじゃうし、フラフラと後を付いていっちゃうし、もう大変状態です。
僕はプー太郎だから、別に何時間でもデブの後を付いて行っても大丈夫(おいおい、それってストーカーだから)だけど、もし仕事とかしてたら、ドイツではちゃんと生活できませんよ、誘惑が多過ぎて。仕事なんかほったらかして、デブ男の後を付けまくってますねぇ、きっと。

明日は、ミュンヘンの老け専ゲイサウナの事を記事にしま〜す。
ご存知かとおもいますが、老け専とは、ゲイの用語でおじいちゃんが大好きな人をこう呼びます。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

クラクフのハンサムおデブ君

  • 2018/04/29(日) 18:46:49

クラクフのサウナでは、あんまりいい思いしませんでしたけど、じゃあクラクフではいい男に会えなかったのかと言うと... 違うですよ〜。ムッチャいい男と出会って、ガッツリとエッチをいたしました。

いや〜、ポーランドは顔がハンサムな男がやたら多いんだけど、この彼もポーランド人ハンサム顔が太って左右に広がった感じ。僕のハート♥のど真ん中にグッサリと刺さっちゃいました。
最初、メールで送ってきた画像の顔は、なんか痩せてて、ん?みたいな感じだったんだけど、実際に会ってみたら全然痩せて無くて、丸顔のチョ〜いい男じゃない! なんか、最近は自分の顔画像を修正して細く見せる人多いよね。デブ専には細顔は、まったーくダメだから、お願いだから顔を細く修正しないでチョーダイね!反対に太く修正してくれたら、ハート♥ズキーンなんだから。

腹画像ありますので公開しちゃいます。
↓↓↓
20180430165018dd3.png

オイシそうな腹でしょ。毛深くて、ハリがあって。もう、この腹を舐め回しましたよ〜。おヘソにも舌を差し込んでベロベロと。

顔をお見せ出来ないのが残念ですが、丸顔でスッキリした目元。うっすらと無精ヒゲが生えてて、いい男ですよ〜。もう僕なんて顔見ただけで半勃起状態でしたもん。

エッチの相性もバッチリで、気がつけば2時間もヤッテました。ははは。

あ〜、クラクフ良い街でした。ハンサムおデブ君にまた会いに、クラクフを訪れたいです〜。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

クラクフのゲイサウナ

  • 2018/04/29(日) 18:14:38

クラクフでも、もちろんゲイサウナに行きましたよ。
クラクフには、ゲイサウナは1軒しかありません。その名も「スパルタカス」!
厳格なカソリック教徒が多いポーランドなんで、ゲイサウナは他のヨーロッパ諸国に比べると、今どき珍しいほどひっそりと隠れてて、場末感満載のゲイサウナでした。

入り口はこんな感じ。場末っぽいでしょ〜。
↓↓↓
20180430021405939.jpg


中は、30年前からなーんにも改装してませんみたいな、古くてボロっちい内装。でもそれが場末感をより引き立てます。入り口のカウンターがあって、その横が着替えるロッカー室。ロッカー室から入り口のカウンターの裏側に回り込むと、そこがバーカウンターになってて、オファーが壁際に無造作に置かれている。バーの奥に階段があって、下に行くとシャワーとサウナ、上に行くと一応トレーニングマシーンが置いてある狭いジムと個室。更にもう1階上がると屋上になってて、素っ裸で日光浴が出来るようになってる。屋上は晴れていればポカポカとして気持ち良いんだけど、タイプじゃない男が素っ裸で自分のものをしごいて見せつけるんで、早々に退散。
シャワーもサウナもこぢんまりとして小さい。サウナの横に真っ暗な地下室みたいな部屋があったんだけど、暗くてジメジメと湿気臭くって、とっても怖いんだよね〜。怖いもの見たさで中に入ると以外に中は広くて、奥の方に個室と何台かベッドが置いてある感じがする。(実際暗過ぎて中がどうなっているのかよくわからなかったです) 怖すぎて、奥まで入って行けなかったけど、ベッドの上に誰か寝ている気配がするんだよね〜。ひゃーコワイー!😱

クラクフに滞在中3回行きましたけど(ってほぼ毎日じゃん!)、正直言ってデブが、あんまり居なかった。
初日は、若いおデブ君が居たけど、向こうが全然興味示さなくてダメ。2回目もデブが居なくて、寄ってくるのはカリカリのジジイだけ。3回目は、スチームサウナで、毛むくじゃらデブオヤジを見つけたんで、スチームサウナの中で濃厚なディープキッスとオヤジの太いアレを思いっきりしゃぶらせてもらいましたけど、それだけ。その後に個室に行くことは無くて、オヤジはサウナの中でさっさと自分だけ出して、僕の事は放ったらかして、さっさとバーに行ってしまって自分だけ旨そうにビールを飲みだした。なんだよ〜!出し逃げじゃん!
ってな訳で、あんまり良い思いはありませんでした。

このサウナには、マッサージのサービスがあるんだけど、マッサージのお兄ちゃんが、モデルか?って思うほどの超ハンサムでビックリしました。あんたその美貌で、なんでこんな場末のゲイサウナでマッサージ師やってんの?って思っちゃいましたが、ぜーんぜん興味無いので、一瞥だけで後は無視。
ハンサム好きな人は、一度是非クラクフのスパルタカスでマッサージを受けてみてください。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

クラクフはいい男だらけ

  • 2018/04/28(土) 14:53:38

ポーランドのクラクフです。
ここは、中世の街並みがそのまま残っていて、まるでお伽話の世界に紛れ込んだ様な、信じられないくらい綺麗な街です。

街はこんな感じ。きれいでしょ〜!
↓↓↓
20180428223712403.jpg


なぜ、こんな田舎街までわざわざ遠回りして来たのかというと、もちろんデブ男を求めてですよ!
噂では(また噂かい!) ポーランドには、隠れゲイの太ったオヤジが多いらしいと聞いたので、実際はどうなのか検証しなければならないと思ったのでした。

クラクフのデブ男でーす。
↓↓↓
20180428225154cf2.jpg


デブオヤジはさておいて、クラクフは本当に良い街でしたよ。プラハより観光客が少なくて、もっとのんびりしてて、物価も更に安い。特に観光名所に行かなくても、街をブラブラ歩いているだけでも中世の街並みを楽しめるような街です。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

匂いフェチについて

  • 2018/04/25(水) 22:13:03

ブダペストの記事で、僕は匂いフェチであることを告白しましたけど、長年匂いフェチをさせていただいていたにも関わらず、なんで匂いで興奮するのか、じっくりと考えた事がなかったので、暇つぶしにちょっと調べてみました。

セックスにまつわる話題では「ホルモン」「フェロモン」といった言葉を耳にすることが多いけど、こいつらは一体何なんでしょうかね?
ホルモンもフェロモンも生き物の情報伝達に用いられる化学物質なんだそうで、その違いは何なのでしょう。

ちょっと難しいんですが、「ホルモン」は同じ個体の中で生体情報を伝達する物質だけど、「フェロモン」は「ある個体から放出され、同種の他個体に特異的な反応を引き起こす化学物質」と定義されるのだとか。
どうやら、匂いフェチは「フェロモン」に関係がありそうですね〜。
フェロモンは、不揮発性の物質の場合も揮発性の物質の場合もあって、においがあるとも限らないのだとか。イモリ、キンギョ、ブタなどで異性をひきつけて交尾にいたらせるフェロモンの存在が知られていて、一般にも「性的な誘引要因」というような意味合いで理解されていますよね。
ホルモンとフェロモンは定義上別物なんだそうですが、互いに関係がないわけではないんですって。ホルモンが代謝されてできる派生物質アンドロステノンは雄ブタの唾液(だえき)中に含まれる物質であり、発情したメスに立ち止まって交尾を受け入れる体勢をとらせるフェロモンだそうです。
と言う事は、このアンドロステノンちゃんが、愛しのデブ男の汗と唾液に含まれてて、常に発情してる、デブ専メス豚が交尾をしたくなる訳だ。って、誰がメス豚🐷じゃ!心はメスでも体はオスよ!

でも、実際は人間もアンドロステノンなどの性ホルモンの派生物質を体から分泌してて、フェロモンとしてのはたらきがあるらしいのだけれど、これらの物質は人の気分を良くしたり、対象物への注意を持続させるという効果はあるようだけど、ブタを交尾に導いたりといったような、人間の行動を自動的に引き起こさせる物質は無いのだそうです。人間以外のほ乳類でフェロモンを感じ取るのに用いられている器官は、なんと退化してしまっているのだそうです。

じゃあ、なぜ僕は、デブ男の股や脇の匂いを嗅ぐと、理性を失ってしまうのか?
もしかして、退化した器官が再び進化した超人類なのか?はたまた、単なる変態か?

なーんて、暇つぶしに訳のわからない事をアレコレ考えておりました。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

プラハのゲイサウナ、デイビッドに行ってきました

  • 2018/04/25(水) 21:21:25

プラハの場末ゲイサウナ、デイビッドに行ってきました。

なんで場末のゲイサウナにばかり行くのかと言うと、ピッカピカのゲイサウナや街で1番設備が良くって好立地なゲイサウナには、若くて細い男の子やイカにもハンサムゲイで〜すみたいな男が集まる傾向が強いんですよ。その反対に、古くて汚くて薄暗いゲイサウナには、年寄りやデブがなぜか集まるんだよね。
これ、世界中同じですよ。だから、僕は基本的に場末のゲイサウナしか行きません。若くて細い男の裸なんて見に行っても時間とお金のムダですから。

いや〜、プラハのゲイシーンは、ちょっとショボいかな〜。平日の夜ということもあるかも知れないけど、お客は、僕を含めて6名。デブは、結構汚い系のジジイが一人だけ。ジジイでも、全然大丈夫な僕は、ジジイを追いかけてサウナに入り、モーションをかけてみた。ジジイはアジア人から誘われて戸惑った様子だったけど、日本人だとか、プラハに始めて来たとか、英語のわからないジジイにゼスチャー交えてコミュニケーション取ったら、あっさりと個室について来た。ジジイはもう出した後なのか、歳だから勃たないのかわからないけど、フニャチンだったけど、僕のナニを咥え込んだまま離さないんだよね〜。イッタ後も、一滴も残さず吸い飲み取って、柔らかくなっても吸い続ける。ジイちゃん、イッタ後は、少し休憩しないと復活しないよー。

サウナでジジイと一発ヤッタ後は、夕食に出かけました。プラハの飯は美味いし安い!ビーフシチューやポークリブなど、メニューは肉々しいものが多いけど、とにかくボリュームがたっぷりで美味しい!チェコのビールも美味しくてガブ飲み状態。プラハに来てから、体の調子が悪かったんだけど、美味しい食事で栄養補給出来て復活しました。

プラハのゲイシーンは静かだけど、プラハは良い街です。物価も安いし、仲間と一緒に来て、ワイワイと酒を飲みながら騒いだら楽しそうな街だな〜と思いました。


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

プラハのマリファナ事情

  • 2018/04/24(火) 07:54:53

チェコ共和国の法律(Regulation No. 467/2009)によれば、「マリファナの少額所持」は駐車券に匹敵する軽犯罪になってます。 2013年4月以降、チェコ共和国は医療大麻の使用を認めています。
しかし、もしアムステルダムの様に、コーヒーショップスタイルのお店でマリファナを簡単に手に入れられると思っているなら、プラハの事情はちょっと違っています。チェコ共和国はドラッグ解禁で、ドラッグは自由に手に入るというのは誤解なのですが、マリファナを吸ったりパーティーでドラッグを取ったりする事は、ここでは日常のごく普通の出来事で、それほど大きな問題ではないのです。

チェコ共和国で、「少額」とみなされる量:
マリファナ:15グラム(または5植物)
ハシッシュ:5グラム
マジックマッシュルーム:40個
LSD:5錠
エクスタシー:4錠
アンフェタミン:2グラム
メタンフェタミン:2グラム
ヘロイン:1.5グラム
コカイン:1グラム
なんだか、いろんなドラッグが少額とみなされて、駐車違反程度の罰金で赦されてますねぇ〜。チェコ共和国、いい国だわ〜。

プラハは、確かにドラッグにフレンドリーで、マリファナやハッシュを15グラムまで持つことができます。もし運が悪くて、セックスが思うように出来なくて鬱憤が溜まっている様な警察官に見つかってしまったら、せいぜい1000CZK(37ユーロ、50米ドル)の罰金を課せられるだけです。ゲイの警察官だったら、フェラで抜いてあげれば赦してくれるかも。
でも、プラハは世界中から旅行者が集まる観光地なので、観光客を狙った詐欺や盗難も多いので、ご注意を!マリファナを入手する際は、くれぐれも信用のおけるディーラーさんから入手される事をお勧めしま〜す!


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング

プラハのデブ男

  • 2018/04/24(火) 07:24:36

プラハに来てあっと言う間に3日が過ぎてしまった。
というのも、プラハに着いて翌日に結膜炎を患って、右眼が真っ赤かになっちゃったのと、旅行の疲れが出たのか体調が不良でアパートからほとんど出てない状態で2日が過ぎようとしている。

プラハに着いての感想は、「薄汚れてて居心地いいじゃん」。ウイーンはさすが華の都って感じで、どこもかしこもピッカピカで、なーんかすました感じがあったけど、プラハは街が古くて薄汚れてて、住んでる人ものんびりしてて、僕のフィーリングにピッタシ!
きっとあんまり居心地が良いんで、旅の疲れが、ドドっと出たのかも知れない。

でもねえ… プラハにはデブ男があんまり居ないの。デブ男は居るけど、旅行者っぽい。いったいローカルのデブ男はどこにいるんだろう?

それでも性懲りなく、盗撮しました〜!
↓↓↓
20180424152348e4b.jpg


ブログランキング投票にご協力をおねがいしま〜す。 クリックしてくれたら、嬉しいです〜。

同性愛(ノンアダルト)ランキング